学資保険の見直し

学資保険は長期にわたって加入するものであるため、加入時に大まかなライフプランを計画して加入をするものです。しかし、そのプラン通りに子どもが成長するとは限りません。中学受験をすることになったり、兄弟が誕生したりすると状況が変わり補償を受けたいタイミングが変わることもあります。生まれた時に計画したことがすべてその通りになることはないですし、なったとしても経済状況が予定とは異なっていることもありえます。そのため、子どもの成長や進路に応じて見直すことが必要です。

見直しをする時には、複数の保険会社を比較検討することがとても大切です。自分の理想にあった完璧な保険というのはなかなかないものです。そこで、少しでも理想に近いものを選ぶために複数の保険の中から家計にあったものを選び取ることが重要です。また、保険を切り替える際には現在加入している保険を取りやめて他のものに加入するべきか、一定期間まで加入して解約するべきかも検討が必要です。保険には返戻率というものがあり解約をする時にそれまでに支払った保険料の一部が戻ってくるという仕組みがあります。一時金の受け取りがある場合には、受け取ってから解約をする方がお得なこともあります。このようなことは、自分だけで検討することが難しい場合もあります。そのような時には、ファイナンシャルプランナーや保険窓口でプロの意見を聞いて参考にすることがオススメです。

学資保険の選び方

学資保険を検討する人は、子供の将来のために積み立てをするものですが、具体的な用途や受け取りたい年齢というのは人によって異なるものです。一般的には満期時は大学入学時の18歳に設定されていますが、入学金や一人暮らしの資金に当てたい場合には17歳満期にしておくことも一つの選択肢としてあります。加入しておけば積み立てができるので安心というのではなく、本当にお金を必要とするときに受け取れるように設定をすることが大切です。また、満期時に全額受け取るだけでなく、中学や高校での進学時に私立に進学することを検討している場合には、そこで一時金を受け取ることも選択肢としてあります。

他にも学資保険の選び方として医療保障や保護者の死亡保障がついたもの、というように学資保険だけでなく他の保険と同じ役割を兼ねるものもあります。子どもの医療保険と学資保険のそれぞれに加入するのかはたまた一本化するのか、保護者の死亡保障については本人の生命保険で補填するのか、というのは家族の保険の加入状況に応じて変わってきます。重複して加入しておけば万が一の時には手厚い補償を受けられるので安心できますが、その分毎月支払う保険料も増えてしまいますから保険料と保障とのバランス良いものを選ぶことが重要です。

保険見直しの必要性

学資保険というのは、保険と名前が付いていますが生命保険や医療保険のような保険とは少し意味合いが異なります。生命保険や医療保険が死亡や怪我、入院時にf保険金が給付されるのに対して、学資保険というのは子供の教育費や進学費用に充てるための補助を目的として保険料を納めておくとあらかじめ設定した時期にまとまったお金が給付金として支払われる保険のことを意味します。祝い金や満期学資金という名目で支払いがされ、これは加入時に決めたタイミングで給付金を受け取ります。保険という名前が付いているのは、万が一病気や怪我をした時にも治療費が給付金として受け取ることができたり、学資保険の契約者が万が一亡くなった場合にそれ以降の保険料が免除されなおかつ満期時には給付金が受け取れるためです。

このように、学資保険というのは教育費用の積立をするだけでなく、契約者や被保険者の万が一のことを保障することができる商品もあるため、生命保険や医療保険とかねて加入する人もいますし、学資保険本来の積み立てメインに考えて加入する人もいます。このような加入の仕方というのは人によって考え方も異なりますし、置かれている状況によってベストな保険も異なるものです。そして、さらには加入時から満期までに家庭環境や家族構成の変化も起こることがありますから、生命保険と合わせて保険見直しをする必要も出てくることがあります。そこで、ここでは学資保険に加入するにあたって選ぶ基準と加入後の保険見直し時に確認すべき項目、見直すべき時期について紹介をしていきます。